• HOME
  • ブログ
  • 未分類
  • スタープログラミングスクールの体験授業が楽しかったので息子2人を通わせることに。

スタープログラミングスクールの体験授業が楽しかったので息子2人を通わせることに。

未分類

子供は7歳、男の子、千葉県に住んでいます。

2020年から小学校ではプログラミングの授業が必須化されることになりました。

これまでは教えられることを頭に詰め込む授業が中心でしたが、これからの社会では自分で考えて工夫をすることが求められていきます。プログラミングは自分で考える力をつけることにつながると思うので、子供をプログラミング教室に通わせることにしました。

通っているのはスタープログラミングスクールSTAR Programming SCHOOLです。

なぜSTAR Programming SCHOOLを選んだかというと理由は2つあります。

1つめは少人数制であることです。

STAR Programming SCHOOLでは、最大8人の少人数制で講師が2名以上ついて授業を行っています。人数が多いと一人一人の子供に目が行き届かず、一人一人の子供の個性や進歩度にあわせた授業をすることができません。今の学校がこのような状態になっています。

それに対して少人数制のクラスなら一人一人の子供をしっかりと見ることができ、子供の個性や進歩度にあわせた授業を行うことができます。
プログラミング教室に通うならそれなりに何かを学んで欲しく、学ぶためには子供にあわせた授業をしてくれることが大切だと思うので選びました。
もう一つの理由は子供が楽しそうだったことです。
STAR Programming SCHOOLでは体験授業を実施しており、体験授業ではタブレットプログラミングコースを体験しました。そのときに子供が楽しそうな様子でした。楽しくないと勉強は身につきにくいので、楽しく授業ができることは大切です。
STAR Programming SCHOOLのコースは、タブレットプログラミングコース、Scratchプログラミングコース、ロボットプログラミングコース、Webプログラミングコースの4種類があります。小学校1年生が受講できるのはタブレットプログラミングコースなので、子供はこのコースに通っています。

タブレット操作なので小学校1年生でも簡単です。

教室では月に1回発表があり、アウトプットの場も設けられています。親が授業を見ることができて、どんな授業なのか、子供がどんな様子なのかわかるところがよいです。
プログラミング教室に通うようになって変わったことは今のところありませんが、こういったことはある程度の年月が経って変化が出てくるものだと思います。

これから子供をプログラミング教室に通わせることを考えている親御さんは、親の視点で教室を選ぶのではなく、子供が楽しめることを大切にして選んであげて欲しいです。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。